キッチンリノベーション|費用・事例・デザイン選びの基礎知識

alt=”キッチンリノベーションの基礎知識”

『そろそろうちも、キッチンのリノベーションをしようかな…』そう思った時やはり気になるのは、どうやってリノベーションを進めたらいいの?というところ。初めてリノベーションをする場合、何をどのように進めたらいいのかわからないこともたくさんありますよね。
そこで今回は、キッチンのリノベーションを進めていくために知っておきたい基礎知識をご紹介します。どんなことをするのかチェックした上で、これからのリノベーション計画を進めていきましょう。

 


コラムのポイント
・キッチンリノベーションに関する基礎知識を知っておけば、いざ始めるという時に慌てることなくリノベーションをすることができます。
・素敵なキッチンにリノベーションするために、家族でしっかりと話し合い必要な情報を集めながら、少しずつ準備を進めていきましょう。


 

 

キッチンリノベーションのタイミング

alt=”キッチンリノベーションの基礎知識”

コンロが壊れていたり、水漏れが日常的に起こっていたりと明らかにキッチンが劣化していればリノベーションの計画は立てやすいもの。しかし、明らかな劣化もなく判断に迷う…という時もありますよね。そんな時は、

・ライフスタイルの変化
・家族の人数の変化
・収納が足りなくなってきた
・使い勝手が悪くなってきた
・頑固な汚れが取れなくなってきた
・排水溝の臭いや詰まりが気になる

などもキッチンリノベーションを検討するタイミングです。

毎日使うキッチンだからこそ、清潔で使いやすい場所にしておきたいですよね。キッチンリノベーションの検討に迷う時は、リフォーム業者に相談してみるのもおすすめです。症状にあった具体的なアドバイスをもらうこともできるので、気軽に相談してみましょう。

 

 

 

キッチンリノベーションの進め方

alt=”キッチンリノベーションの基礎知識”

リノベーション時期がおおよそ決まったら、次の流れで計画を立てていきましょう。

 

① キッチンの不満を書き出す

リノベーションは、不満を解決してもっと暮らしやすくするために行うものです。今のキッチンに対して、どのような不満があるのかを書き出してみましょう。収納が少ない、という不満があれば収納の多いシステムキッチンを選ぶことができますし、作業スペースが少ない、という不満があれば広い作業台のあるシステムキッチンを選んだり、別途作用スペースをつくったりすることができます。

② キッチンの理想を書き出す

理想のイメージが固まっていれば、リノベーション計画はスムーズに進めていくことができます。アイランドキッチンにしたい、食洗機は絶対に欲しい、などキッチンに対する理想を話し合い、書き出していきましょう。
この時、優先順位も決めておくとより理想に近いキッチンにすることができるのでおすすめです。

③ 情報を集める

カタログやSNSなど、キッチンに関する情報を集めていきましょう。理想を書き出しているので、その理想に沿って集めていくと、より理想のキッチンに近づけることができます。
どんなレイアウトがいいのか、どんなデザインがいいのか、どこのリフォーム業者に依頼するのか、などもこの時にイメージを固めておくと良いでしょう。

④ リフォーム業者とともに計画を立てる

ある程度イメージを固めた上で、リフォーム業者に相談しましょう。もちろんイメージが固まっていない段階で相談することもできますが、ある程度意見をまとめておいた方が色々とスムーズです。間取り図や実際のキッチンを見てもらいながら、今後のリフォーム計画を進めていきましょう。

 

alt="リノベーションの間取りポイント"

 

 

 

 

キッチンリノベーションにかかる費用と期間

alt=”キッチンリノベーションの基礎知識”

どんなキッチンを選ぶのか、どの程度の工事をするのか、など工事内容によってリノベーションにかかる費用は異なります。

・レンジフードの交換 約5万円〜
・キッチンの床材張り替え(6畳) 約5万円〜
・システムキッチンを交換 約50万円〜
・キッチンの場所を変更 約100万円〜
・キッチンのスタイルを変更 約100万円〜

また、工事日数もどんなリノベーションを行うのかによって変わります。1週間ほどで終わることもあれば、2週間以上かかることもあります。どのくらい費用や期間がかかるのかについては、リフォーム業者にしっかりと確認しておきましょう。

 

 

 

キッチンメーカーの特徴

alt=”キッチンリノベーションの基礎知識”

キッチンリノベーションの醍醐味といえばやはり、新しいキッチンを使えることですよね。数多くのメーカーが独自のキッチンを販売しているので、価格やデザインなどしっかり比較検討した上で選んでいきましょう。

 

リクシル

https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/feature/system/

住まいの水まわり製品と建材製品を開発しているリクシル。多いきり料理を楽しんでもらえるように、と手早く調理や片付けができるキッチンを提案しています。

・熱や傷に強いセラミックのワークトップ
・調理と片付けが捗る2段のレーンとプレートを組み合わせるシンク
・手を触れずに水を出せるハンズフリー水栓
・ヒューマンフィットテクノロジーから生まれた使い勝手の良い収納

などが魅力です。

 

タカラスタンダード

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

水まわり設備機器とホーロー技術の進化を通じて、より多くの人が心地よい暮らしを楽しめるような製品をつくり出しているタカラスタンダード。強さと美しさ、快適さを兼ね備えたホーロー素材が魅力です。

・使い勝手の良いマグネット収納
・機能性が高く豊富な収納力
・割れないガラスのホーローならお手入れも楽々
・数々のドラマに採用されるデザイン性

などが魅力です。

 

TOTO

https://jp.toto.com/products/kitchen/crasso/feature/

トイレや浴槽、キッチンなど水回りの住宅設備機器を手がけているTOTO。空間調和の妨げとなる要素をできるだけ取り除くノイズレスデザインで、使いやすさを追求したものが多く提案されています。

・隙間や余分な凸凹のない美しい直線的なデザイン
・シンプルなデザインと機能が融合
・インテリアに調和する取手のデザインや扉のカラー
・欲しいものにすっと手が届くフロアキャビネット

などが魅力です。

 

クリナップ

https://cleanup.jp/kitchen/

ザ・キッチンカンパニーを掲げ、使いやすく実用性とデザインを兼ね備えた商品開発を進めているクリナップ。採用したい建材設備メーカーランキングのシステムキッチン部門で、3年連続1位を受賞しています。

・シンクやワークトップだけでなく骨組みまでステンレスを採用
・約10分でファンとフィルターを自動洗浄
・セタミック系特殊コーティングで傷が付きにくい
・継ぎ目のないステンレスで汚れが付きにくい

などが魅力です。

 

パナソニック

https://sumai.panasonic.jp/kitchen/

電気関係に強いパナソニック。システムキッチンにももちろんこの強みを活かした設備を取り入れ、他のメーカーには真似のできない付加価値をつけています。

・10年ファンでお掃除不要のレンジフード
・横並びのコンロで調理がスムーズ
・手元にあって使いやすいコンセント
・出し入れしやすいスタンドイン収納

などが魅力です。

 

 

 

おしゃれなキッチンの選び方

alt=”キッチンリノベーションの基礎知識”

キッチンの種類もたくさんあると、どうやって選べばいいのかわからなくなるもの。そんな時は、『色』と『素材』にこだわって選ぶようにしましょう。

 

キッチンの色選び

扉や取手部分の色は、好みの色を選ぶことができます。好きな色を選ぶのも大切ですが、リビングやダイニングにある床や家具の色と統一感のある色を選ぶのがポイントです。そうすることで、ごちゃごちゃしていないスッキリとした印象に仕上げることができます。

キッチンの素材選び

ワークトップにはステンレスやホーロー素材がありますし、扉にはメラニン化粧板や木製があります。この素材選びも、キッチンをおしゃれにする上では大切です。空間に合わない素材や安っぽい素材を選ばないように注意しましょう。

 

alt="リノベーションの間取りポイント"

 

 

 

 

キッチンリノベーションを始めるなら…

alt=”キッチンリノベーションの基礎知識”

キッチンリノベーションに関する基礎知識を知っておけば、いざ始めるという時に慌てることなくリノベーションをすることができます。素敵なキッチンにするためにも、少しずつ準備を進めていきましょう。

リフォームを始める時、施工会社を探して、資金計画を立てて…と全て自分たちでやろうとすると、とても大変です。そんな時に頼りになるのが、リフォーム会社と二人三脚で計画を立てていく『ワンストップリノベ』です。お客様の状態に合わせて、相談から完成まで一貫したサポートを受けながらリフォーム計画を立てていくことができるため安心です。
『そろそろうちもリビングをリフォームしようかな…。』そんな思いが湧き上がってきたら、ライズクリエーションにぜひご相談ください。希望の暮らしを手に入れられるよう、しっかりとサポートさせていただきます。

 

お問い合わせ