中古マンションのリノベーション|知っておきたいメリットデメリットや選び方・かかる費用の基礎知識

alt=”中古マンションのリノベーション”

新しい暮らしの選択肢として、近年人気が高まっている中古マンションのリノベーション。気にはなっているものの、新築マンションよりもなぜいいのか、どうやって選べばいいのか、などわからないことがたくさんあると踏み出すのに躊躇してしまいますよね。
そこで今回は、中古マンションをリノベーションするメリットとデメリット、中古マンションの選び方などリノベーション前に知っておきたい基礎知識をまとめました。これからのリノベーション計画に、ぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・中古マンションのリノベーションにはメリットもデメリットもあります。どちらも把握した上で、リノベーション計画を進めていくことが大切です。
・マンション選びのポイントを参考にした上で、自分たちがどんな暮らしをしたいのか、どのくらい費用をかけることができるのか、についてしっかりと考えた上でマンション選びを進めていけば、満足度の高い暮らしをすることができます。


 

 

 

リノベーションとは

alt=”中古マンションのリノベーション”

そもそもリノベーションとはどのようなものなのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。リノベーションとは建物の大規模な改修のことで、中古マンションをリノベーションする場合、床や壁など可能な限り撤去して新たに間取りを考えつくり直すことをいいます。

 

『リノベーション』と『リフォーム』の違いは?

リノベーションとよく似た言葉に、リフォームがあります。リフォームとは古くなった部分や建物を改修することです。大規模な改修をして建物に新たな価値をつけ加えるリノベーションとは異なり、床板を張り替える、キッチンを新しくする、といった小規模な工事のことを指します。
どちらも建物を綺麗にすることができますが、リノベーションの方が建物の根本からつくり直すため、より自分たちの希望に近い住まいに生まれ変わらせることができます。

▶︎間取り変更リフォームの費用相場|理想の住まいに変えるポイントと注意点

 

 

 

【中古マンションのリノベーション】メリット・デメリット

alt=”中古マンションのリノベーション”

中古マンションをリノベーションには、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

リノベーションのメリット

メリット① コストをおさえることができる

新築マンションを購入するよりも、中古マンションの方がコストをおさえることができます。エリアや築年数によって差はありますが、場合によっては新築の半額ほどで購入することができるため、リノベーション費用を合わせてもトータルコストは比較的安くなります。

メリット② 間取りの自由度が高い

新築マンションの場合、決められた間取りの中からしか選ぶことができない、選択肢がない、ということも多いもの。しかし中古マンションなら、注文住宅を建てる時と同じように、管理規約内で好きなように間取りを考えることができます。

メリット③ 住環境を事前に知ることができる

新築マンションの場合、どんな人が近隣に住むのかはわからないのですが、中古マンションならどんな人が近隣に住んでいるのか、どんなコミュニティが形成されているのかを事前に知ることができます。長く暮らしていく上で重要な人間関係の問題を、事前に対策しておくことができます。

 

alt=”中古マンションのリノベーション”

 

リノベーションのデメリット

デメリット① ローン金利が高くなる可能性がある

新築マンションよりもコストをおさえることができる中古マンションですが、その分ローン金利が高くなる可能性があります。どのような資金計画を立てるのかにもよりますが、金利に関する知識のある業者を選ぶようにしましょう。

デメリット② 耐震性や修繕費が気になる

古いマンションだからこそ、毎月積み立てる修繕費用が高かったり耐震面が不安だったりと気になる箇所がたくさんあります。大規模修繕をしてしっかりと管理されている物件か、耐震基準を満たしているのか、など長く住み続ける上でクリアしておきたい部分に関しては事前に確認しておきましょう。

デメリット③ 間取りを変更できない可能性がある

壁や柱を撤去して間取りを変更できるのが魅力のリノベーションですが、マンションの構造や管理規約によっては間取りを変更できない可能性があります。マンション選びの段階で、どんな構造でどこまで間取り変更可能なのかなどはしっかり確認しておきましょう。

▶︎【マンションリノベ】5つのデメリットと解決方法

 

 

 

リノベーションする中古マンションの選び方

alt=”中古マンションのリノベーション”

中古マンションをリノベーションする際、大切なのは『マンションの選び方』です。どんなマンションを選ぶのかによって暮らしは大きく変わるため、以下のポイントをチェックしながら選ぶようにしましょう。

 

周辺環境を確認する

住環境が整っているかによって、暮らしの満足度は大きく変わります。幼稚園や小学校、スーパーや薬局、病院、図書館、公園、駅近などマンションがどんな環境の中に建っているのかを確認しておきましょう。歳を重ねて10年20年経った時でも安心して暮らせるよう、バリアフリー環境になっているか、車を手放しても暮らしていけそうか、なども合わせて確認しておくと安心です。

 

築年数から耐震性や劣化状態を把握する

築何年経過しているマンションなのか、確認しておきましょう。管理状態によっては築年数よりも綺麗に見えることもありますが、構造部分の劣化状況などはプロでなければわかりません。また、室内の劣化はリノベーションで綺麗にすることはできますが、マンションの耐震性や断熱性は手を加えることができません。築何年までなら許容範囲なのかを明確にした上で、マンション選びを進めていくようにしましょう。

 

管理状態と修繕計画を確認する

マンションの管理状態が悪ければ、快適な住環境と資産価値を守ることができません。外壁塗装工事や給排水管工事は適切に行われているか、地震などの災害でできたひび割れや損傷をそのままにしていないか、長期修繕計画は立てられているのか、など確認してみましょう。
築年数が経っているマンションの場合、毎月支払う修繕積立金が徐々に値上がりしていることもあります。購入資金だけでなく、ランニングコストもどのくらいかかるのか確認しておきましょう。

 

間取りの自由度の高さ

柱ではなく壁で支える構造になっているマンションの場合、壁を撤去したりキッチンやお風呂の場所変更といった大掛かりな間取り変更をしたりすることができません。どんな構造になっているのか、どこまで自由に間取りを変更できるのか確認しておきましょう。
また、使用する床材が決められていたり玄関ドアを変更できなかったりと、マンションは管理規約によってできることが限られています。こちらも合わせて確認しておきましょう。

 

alt=”中古マンションのリノベーション”

 

求める暮らしに最適な部屋の広さ

居住スペースは広ければ広いほどいい、というわけではありません。自分たち家族にとって、ちょうど良いスペースのマンションを選ぶことが大切です。
豊かな暮らしを送るためには、『1人の人間に対し40㎡のスペースが理想』と国土交通省が水準を定めています。広さに迷ったら、最低40㎡×家族の人数分のスペースは確保するようにしましょう。多少スペースが狭くても、間取りを工夫することで開放感のある空間にすることは可能なので、心配な場合は業者に相談するようにしましょう。

 

リノベーションにかけられる予算

中古マンションをリノベーションする場合、マンション本体の価格と合わせてリノベーションにかかる
工事費用、各種税金などの諸費用がかかります。さらに毎月、管理費や修繕積立金といったランニングコストもかかります。これらのトータルコストで予算をたて、その予算内に収まるマンションを選ぶようにしましょう。
想定外の費用がかかってしまった…ということのないように、マンション探しからリノベーションまで全てをワンストップで行ってくれる業者に依頼しておくと安心です。

 

alt="リノベーションの間取りポイント"

 

 

 

 

中古マンションのリノベーションを始めるなら…

alt=”中古マンションのリノベーション”

中古マンションのリノベーションには、メリットもあればデメリットもあります。しかし自分たちがどんな暮らしをしたいのか、どのくらい費用をかけることができるのか、についてしっかりと考えた上でマンション選びを進めていけば、満足度の高い暮らしをすることができるでしょう。

理想の暮らしにぴったりな中古マンションを選び、理想の暮らしをつくりあげていきましょう。

リノベーションを始める時、施工会社を探して、資金計画を立てて…と全て自分たちでやろうとすると、とても大変です。そんな時に頼りになるのが、リノベーション会社と二人三脚で計画を立てていく『ワンストップリノベ』です。お客様の状態に合わせて、相談から完成まで一貫したサポートを受けながらリノベーション計画を立てていくことができるため安心です。
『そろそろうちも中古マンションを購入してリノベーションしようかな…。』そんな思いが湧き上がってきたら、ライズクリエーションにぜひご相談ください。希望の暮らしを手に入れられるよう、しっかりとサポートさせていただきます。

 

お問い合わせ