ここまで変わる!リフォームビフォーアフター事例集

alt=”リフォームビフォーアフター”

長年住み続けた我が家。入居当初はあんなに綺麗だったのに、時が経ち生活スタイルが変わり、老朽化や故障も気になるように…。『そろそろうちも?』と思い立った時がリフォームのタイミングです。
今回のコラムでは、リフォームビフォーアフターとともに、希望のリフォームをするために大切な事前準備について解説します。もっと早くやっておけばよかった!と後悔しないよう、早めにリフォーム計画を立てていきましょう。

 


コラムのポイント
・リフォームのビフォーアフターを見ることで、リフォームによって家がどう変化するのかを詳細に知ることができます。
・事前準備をした上で、理想のリフォーム計画を立てていきましょう!


 

目次
◼ リフォームビフォーアフター事例集
◼ 希望通りのリフォームをするための事前準備
◼ これからリフォーム計画を立てるなら…

 

 

リフォームビフォーアフター事例集

まずは、ライズクリエーションが手がけたリフォームのビフォーアフターをご紹介します。

 

明るい色使いで心華やぐリビングに!

alt=”リフォームビフォーアフター”

畳の劣化や障子の傷み、天井のシミなど全体的な劣化が気になっていたこちらのお家。どことなく暗い印象でしたが、リフォームでガラリと変身しました!

 

Before

alt=”リフォームビフォーアフター” alt=”リフォームビフォーアフター”

 

After

alt=”リフォームビフォーアフター”

アクセントクロスを貼り、明るく華やかな印象に。

 

リビングとキッチンの間にあった壁も撤去。元々キッチンからリビングの様子は見渡せる造りでしたが、リフォームによってさらに開放感・一体感が生まれました。

alt=”リフォームビフォーアフター”

和室をなくし、扉を開ければリビングとひと続きの部屋に。

 

Before

alt=”リフォームビフォーアフター” alt=”リフォームビフォーアフター”

 

After

alt=”リフォームビフォーアフター”

お風呂やトイレなどの水回りも、最新の設備に変更してリフレッシュ。

毎日家に帰るのが楽しみになるような、素敵な空間に生まれ変わりました。

 

この事例をみてみる ▶︎▶︎▶︎

 

 

和モダンな空間で穏やかな暮らし

alt=”リフォームビフォーアフター”

落ち着いたトーンで統一されていた内装でしたが、リフォームで明るい印象にリフレッシュ!

 

Before

alt=”リフォームビフォーアフター” alt=”リフォームビフォーアフター”

 

After

alt=”リフォームビフォーアフター”

alt=”リフォームビフォーアフター”

和室を撤去し、ダイニングとひとつなぎの空間にしたことで広々としたくつろぎスペースが出来上がりました。

alt=”リフォームビフォーアフター”

柔らかな色使いに合わせて、柱や扉も木材で統一。洗練された空間に。以前洋室だった場所を、新しく和室にするため壁を撤去し、リビングダイニングと繋げました。

alt=”リフォームビフォーアフター”

この事例をみてみる ▶︎▶︎▶︎

 

 

 

 

開放感のある明るい室内でリラックス

alt=”リフォームビフォーアフター”

こちらのお家も、和室を撤去しリビングダイニングと繋がった広い部屋に。

 

 

Before

alt=”リフォームビフォーアフター” alt=”リフォームビフォーアフター”

After

alt=”リフォームビフォーアフター”

ソファーに座ってくつろげるスペースだけでなく、ちょっとしたワークスペースも設置。ひとつの空間を様々な用途で使うことができます。

 

 

Before

alt=”リフォームビフォーアフター” alt=”リフォームビフォーアフター”

After

alt=”リフォームビフォーアフター”

キッチンも最新のシステムキッチンに。ピカピカのキッチンなら、毎日の料理もつくるのが楽しくなりますね。

alt=”リフォームビフォーアフター”

スッキリとしたデザインのトイレは、お手入れ楽々。毎日の掃除もストレスなくできそうです。

alt=”リフォームビフォーアフター”

この事例をみてみる ▶︎▶︎▶︎

 

 

希望通りのリフォームをするための事前準備

alt=”リフォームビフォーアフター”

『こんな家にリフォームしたい!』という希望を叶えるためには、事前の準備が大切です。

 

リフォーム後のイメージを書き出す

『リフォームによってどんな家にしたいのか』というゴール像がぼやけていては、納得のいくリフォームをすることはできません。リフォームする前にまずは、

・何に困っているのか
・どう改善されるといいのか
・そのためにはどこをリフォームするのか
・どんなデザインがいいのか

など、イメージ像を書き出してみましょう。そうすることで、イメージを明確にし、適切なリフォーム計画を立てていくことができます。

 

予算とのすり合わせ

どの場所をどの程度リフォームするのかによって、かかる予算は変わってきます。例えばキッチンの場合50〜150万円、リビングは100〜150万円、水回りは場所によって20〜150万円と様々です。大掛かりなリフォームをした方がいいのか、設備を入れ替えるだけで今は十分なのか、などを考えた上で、予算とすり合わせながらリフォーム計画を立てていきましょう。

費用は積み立ててきた資金やリフォームローンから捻出することができますが、リフォームローンの場合金利がどうしても高くなるため注意が必要です。リフォーム後は、リフォーム減税を受けられる制度もあるため、全体的な資金の流れを把握しておくことが大切です。

 

担当者との入念な打ち合わせ

理想とする状態にリフォームするためには、イメージを固めた上で担当者にしっかりと伝えることが大切です。リフォーム後のイメージが共有できていなかったり、希望がうまく伝わっていなかったりするとリフォーム後に後悔する羽目になってしまいます。
理想に近い写真や画像を集めるなどして、希望を詳細に伝えられるよう準備しておきましょう。その上で担当者との打ち合わせを進めることで、食い違いやイメージのズレを回避することができます。

 

alt="リノベーションの間取りポイント"

 

 

 

 

これからリフォーム計画を立てるなら…

リフォームのビフォーアフターをみていると、リフォームをすることで家がどう変化するのかを詳細に知ることができ、自分たちのリフォーム計画にやる気がみなぎってきますよね。
いろんなお家を参考にしながら、理想のリフォーム計画を立てていきましょう!

リフォームを始める時、物件を探して、施工会社を探して、資金計画を立てて…と全て自分たちでやろうとすると、とても大変です。そんな時に頼りになるのが、リフォーム会社と二人三脚で計画を立てていく『ワンストップリノベ』です。お客様の状態に合わせて、相談から完成まで一貫したサポートを受けながらリフォーム計画を立てていくことができるため安心です。
『そろそろうちもリフォームしようかな…。』そんな思いが湧き上がってきたら、ライズクリエーションにぜひご相談ください。希望の暮らしを手に入れられるよう、しっかりとサポートさせていただきます。

 

 

お問い合わせ