室内窓のあるおしゃれな住まいに!リフォームの実例とつくり方のポイント

おしゃれな室内窓

室内空間を仕切るために設置される『室内窓』。せっかくリフォームするなら、開放感のあるおしゃれな室内窓を設置したいですよね。とはいえ、どうやったらおしゃれに仕上がるのか、リフォーム計画時のポイントはあるのか、などわからないこともたくさんあります。
そこで今回は、室内窓のリフォーム事例とともに、おしゃれな室内窓をつくるポイントをまとめてご紹介します。これからのリフォーム計画に、ぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・室内の部屋と部屋とを仕切るために設置される室内窓は、窓枠やガラスのデザイン、色や大きさなど、好みのテイストに合わせて設置することができます。
・室内窓があるだけで、部屋の雰囲気がガラリと変わりグッとおしゃれになります。センスの良い部屋、素敵な暮らしが実現できるようにリフォーム計画を立てていきましょう。


 

 

 

そもそも…室内窓って何?

おしゃれな室内窓

外気や太陽光を取り入れるために設置される窓とは違い、室内の部屋と部屋とを仕切るために設置される室内窓。窓枠やガラスのデザイン、色や大きさなど、好みのテイストに合わせて設置することができるため、インテリアのように取り入れる人が増えています。

特に室内窓が多く取り入れられているのが、マンションのリノベーション時です。マンションの場合、窓や玄関から離れた場所にはどうしても太陽光が届きにくく、暗くなってしまうもの。しかし、室内窓を設置することで、家の奥に位置する部屋も明るくすることができます。
もちろん、戸建て住宅のリノベーションでも室内窓は取り入れられています。2階の吹き抜け部分に設置してリビングの様子が見えるようにしたり、リビング階段横に設置して子ども部屋の様子を把握できるようにしたりすることで、いつでも家族との繋がりを感じることができます。

 

 

 

室内窓のメリット・デメリット

おしゃれな室内窓

室内窓のメリット、デメリットをみてみましょう。

 

室内窓のメリット

メリット① 家族の気配を感じられる暮らし

室内窓があることで、常に家族の気配を感じることができます。料理をつくりながら隣の部屋で遊ぶ子どもたちの様子を見守ったり、時折声をかけたり…と壁で仕切られている時よりも円滑にコミュニケーションをとれるようになります。

メリット② 家全体が明るくなり開放感アップ

間取りによっては、寝室や和室など家の奥に位置する部屋はどうしても暗くなってしまいがち。しかし室内窓があれば、他の部屋からの光をたっぷりと取り入れることができます。もちろん、玄関周りや廊下などの狭くなりがちなスペースにも開放感が生まれ、広々とした印象にすることができます。

メリット③ 空間のおしゃれ度アップ

室内窓に使用する窓枠やガラスのデザインをこだわって選べば、オリジナリティのあるおしゃれな空間になります。好みのデザインや間取りを反映しやすいリフォームだからこそ、室内窓を設置することでよりおしゃれな部屋にすることができます。

 

おしゃれな室内窓

 

室内窓のデメリット

デメリット① リフォームのコストアップ

通常の壁ではなく室内窓を設置することで、リフォームにかかるコストがかかります。デザインやサイズによっては、想定以上にコストがかかる可能性もあります。

デメリット② 設置する家具が制限される

室内窓があることで、設置する家具のサイズや場所が制限されます。壁にポスターや絵を飾りたい、ウォールシェルフをつけたい、という希望が叶えられないことも。

デメリット③ 思わぬ事故につながることも

室内窓を開けていることに気付かず頭をぶつけてしまった、子どもが投げた物があたってガラスが割れてしまった、など、通常の壁なら起こらないような思わぬ事故や怪我につながる可能性があります。

 

様々なメリット、デメリットがありますが、メリットを最大限活かしてデメリットをおさえられるように、しっかりと打ち合わせをして間取り計画を立てていくことが大切です。

 

alt="リノベーションの間取りポイント"

 

 

 

室内窓のあるリフォーム実例

おしゃれな室内窓

それでは、ライズクリエーションが手がけた室内窓のあるリフォーム事例をご紹介します。

 

大きな室内窓が設置された、こちらのお家。開放感が生まれるのはもちろん、隣の部屋のアクセントにもなっているブルーの壁紙が透けることで、よりおしゃれな空間に。

おしゃれな室内窓

窓枠と同じ素材の棚を設置することで、インダストリアルな雰囲気を壊すことなく室内窓を引き立てています。

おしゃれな室内窓

▶︎このリノベーション事例をもっとみてみる

 

室内窓の設置は難易度が高く、技術も求められます。どこに設置するのかによって室内窓の印象は大きく変わるため、安心して任せることができるリフォーム業者に依頼するようにしましょう。

 

 

おしゃれな室内窓をつくるポイント

おしゃれな室内窓

リフォームをして室内窓を設置する時は、次のポイントをおさえた上で間取り計画を立てていきましょう。

 

ポイント① 開閉するのかどうかを決めておく

室内窓には、開閉できる『両開き窓』『突き出し窓』と、開閉できない『FIX窓』とがあります。開閉できる窓の場合、風通しが良くなり湿気対策にもなる、隣の部屋の様子をのぞいて確認することができる、といったメリットがあります。一方の開閉できない窓は、より広範囲で採光ができる、よりインテリア性の高いデザインを選ぶことができる、といったメリットがあります。
家での過ごし方や部屋の使い方を考えた時に、より自分たちのライフスタイルにあった窓を選ぶようにしましょう。

ポイント② 壁の構造を確認しておく

室内窓は、どこにでも設置できるというわけではありません。例えば木造住宅の場合、耐震性を確保するための『耐力壁』というものがあり、この壁は基本的に撤去したり大きな窓を設置したりすることはできません。また、壁の中に家全体を支える柱が設置してある場合も、撤去して室内窓を新設することはできません。
想定している場所に室内窓を設置できるのかどうか、まずはリフォーム業者に確認してみましょう。

ポイント③ 内装とのバランスを考えてデザインを選ぶ

室内窓単体で窓枠のデザインやガラスの素材を選ぶのではなく、内装とのバランスを考えながらおしゃれなものを選ぶのがポイントです。床材や壁紙、設置予定の家具とのバランスが取れていることで、部屋はよりおしゃれにすることができます。

おしゃれな室内窓

▶︎内装とのバランスが取れた室内窓

また、目で見た時と画像で見た時とでは、やはり印象が変わります。カタログやネットで確認するだけでなく、可能な限り実物を確認して設置するかどうかを決めるようにしましょう。

ポイント④ 家具の高さを考慮する

室内窓を設置することで、家具を置く場所や家具のサイズが制限されます。サイズの大きい家具が多い、設置予定の家具の高さに合わせて、室内窓の高さを調整しましょう。

ポイント⑤ プライバシーを意識する

室内窓を設置する場所によっては、外から家の中が丸見えになってしまう可能性があります。プライバシーのためにせっかくの室内窓をカーテンや家具で覆ってしまわないよう、設置場所は良く考えておきましょう。
また、家族間のプライバシーを守ることも大切です。視線を感じてリラックスできない、小さい室内窓の方が安心する、といった意見がある場合は、家族と改めて相談をした上で、設置するかどうかを検討しましょう。

 

alt="リノベーションの間取りポイント"

 

 

開放感抜群!おしゃれな室内窓のある暮らしを始めよう!

おしゃれな室内窓

室内窓があるだけで、部屋の雰囲気がガラリと変わりグッとおしゃれになります。センスの良い部屋、素敵な暮らしが実現できるようにリフォーム計画を立てていきましょう。

 

ライズクリエーションは、リノベーションするための中古戸建てや中古マンション探しからサポートが可能です。リノベーションに向く間取りや建て方、住宅選びのアドバイスまでトータルでお手伝いいたしますので、『そろそろうちもリノベーションしようかな…。』そんな思いが湧き上がってきたら、ライズクリエーションにぜひご相談ください。希望の暮らしを手に入れられるよう、しっかりとサポートさせていただきます。

 

お問い合わせ

 

 

監修者情報

ライズクリエーション編集部

株式会社ライズクリエーション ライズクリエーション編集部

株式会社ライズクリエーションは、「お客様とともに住まいづくりをする」という想いから、お客様に様々なご提案をさせていただき、住空間を楽しんでいただけるようなお手伝いをいたします。
年々変化する「ライフスタイル」「技術革新」「デザイン」「社会環境」4つの点を心がけて、皆様に満足していただけるようサポートをさせていただきます。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram

    お名前必須
    郵便番号必須
    住所(都道府県)
    電話番号必須
    メールアドレス
    お問い合わせ項目

    ※ 資料請求の方は住所欄へご記入をお願いいたします。

    お問い合わせ内容