フルリノベーション用マンション購入を失敗しない7つのポイント

フルリノベマンション購入を失敗しないポイント

フルリノベーションができるマンションを購入して、新しい暮らしを始めたい!とは思うものの、どんなマンションを購入したらいいのか、気をつけることはあるのか、などわからないこともたくさんありますよね。人気のマンションリノベーションですが、購入するマンションを間違えてしまうと納得のいく間取りにすることができず、不満だけが残ってしまう…ということも珍しくありません。
そこで今回は、フルリノベーション用のマンションを購入する時に気をつけたいポイントをまとめてご紹介します。これからのリノベーション計画に、ぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・マンション購入を失敗しないためにも、防犯面や防音性、築年数などをしっかりチェックした上で購入するのかどうかを検討していきましょう。
・マンションの購入やリノベーションは、理想の住まいで新生活を始めるための手段です。後悔しないためにも、マンション購入時のポイントをおさえて、満足のいく物件を購入できるように計画を立てていきましょう。


 

 

 

マンションをフルリノベーションするメリット

フルリノベマンション購入を失敗しないポイント

リノベーションをして新しい暮らしを始めるなら、戸建て住宅でも可能ですが最近の流行りはやはり『マンションのリノベーション』です。ここまで人気の理由は、一体どこにあるのでしょうか。

 

メリット① 物件購入費用を抑えることができる

中古戸建て物件の購入や、注文住宅の建築、分譲マンションの購入に比べ、中古マンションの購入は物件購入費用をおさえることができます。物件購入費用をおさえた分、内装の変更やお気に入りの家具購入など、別の部分に費用を使うことができます。

 

メリット② 暮らしに合わせて間取りを決めることができる

分譲マンションの場合、すでに間取りが決められているため自分たちのライフスタイルに合わせた間取りにすることができません。『この畳は必要ないな…』『もっと広いキッチンがいいな…』と思っていても、その理想を反映させることは難しいもの。しかし中古マンションのフルリノベーションなら、自分たちが理想とする暮らしに合わせて、好きなように間取りを考えることができます。

 

メリット③ 理想のエリアに暮らすことができる

治安のいいエリアや子育て環境が整っているエリアなど、理想とするエリアにはもうすでにたくさんの家が立ち並んでおり、これからさらに家やマンションを建てるのはなかなか厳しいもの。ですが、中古マンションなら空きが出れば理想のエリアに住むことができます。

▶︎中古マンションのリノベーション|知っておきたいメリットデメリットや選び方・かかる費用の基礎知識

 

 

 

フルリノベーション用マンション購入のポイント 7つ

フルリノベマンション購入を失敗しないポイント

様々なメリットがあるフルリノベーションですが、マンションの購入時に気をつけたいポイントが7つあります。

 

ポイント① 防犯面は信頼できるか

近年のマンションにはオートロックや防犯カメラなどの対策がしっかりとなされていますが、古いマンションの場合この対策がされていないことが多々あります。オートロックや防犯カメラだけでなく、非常階段やベランダから乗り移りやすい設計になっていないか、見通しの悪い場所、死角になる位置に玄関や窓が設置されていないか、なども確認しておきましょう。

 

ポイント② 防音性はどのレベルか

築年数がある程度経っているマンションの場合、防音設備が整っておらず、上の階の足音やどこかの部屋から聞こえてくる子どもの泣き声など、音が気になると生活に支障をきたします。リノベーション時に防音材を使用して音対策をすることはできますが、マンションそのものの防音性が低ければ住み始めて後悔することになるかもしれません。物件内覧時に、どんな床材や壁材を使用しているのかを確認し、希望する防音性があるのかを確認しておきましょう。

フルリノベマンション購入を失敗しないポイント

▶︎【マンションリノベ】5つのデメリットと解決方法

 

ポイント③ 築年数はどのくらい経っているのか

見た目である程度判断できますが、大規模修繕工事を行ったマンションは築年数以上に見た目は綺麗な状態になっています。外見で判断せずに築年数を確認し、物件の状態を把握するようにしましょう。特に、1981年6月1日以前に建てられたマンションは現在施行されている新耐震基準を満たしていないため、地震が起こった時の災害リスクが高くなります。安心安全に暮らし続けることができるのか、という視点を大切に、判断する様にしましょう。

 

ポイント④ 間取り変更の自由度の高さ

自由に間取りを変えられることがフルリノベーションの醍醐味ですが、マンションによっては自由に間取りを変更できないこともあります。特に、柱ではなく壁で支える構造の場合、取り除くことができない壁の方が多く間取りの自由度はかなり低くなります。

フルリノベマンション購入を失敗しないポイント

▶︎間取り変更リフォームの費用相場|理想の住まいに変えるポイントと注意点

事前の相談や内覧時に、どこまで間取りを変更できるのか確認しておきましょう。もし希望する間取りがあれば、そのイメージも伝えながら確認するとスムーズです。

 

ポイント⑤ マンションの管理状態

今後大きな修繕工事が予定されているのか、過去に修繕が行われたのか、についても確認しておきましょう。数年後に修繕を控えているのであれば、マンションの住民で積み立てる修繕積立金の積み立てが行われているのか、どういった内容の工事が行われるのかを確認します。修繕積立金が積み立てられていない場合、マンションの管理状態が悪いかもしれません。
また、エントランスやポストまわりも手入れが行き届いているか確認しておきましょう。物件の内覧だけではわからない、住民の暮らしや細い管理がなされているかをチェックすることができます。

 

ポイント⑥ 資金のバランス

どれだけ気に入ったマンションでも、購入費用がかかりリノベーションに費用を回すことができない…となると新しい暮らしを始めることができません。マンションの購入とリノベーション、購入後のランニングコストなど、全ての費用を考えた上で、資金のバランスを考えることが大切です。
資金のバランスに関しては、見積もりからローンの相談までサポートしてくれる業者を選び、自分たちではわからい部分をカバーしてもらうと安心です。

フルリノベマンション購入を失敗しないポイント

▶︎マンションのリノベーション|費用と期間・間取り計画の注意点をチェック

 

ポイント⑦ 信頼できるワンストップ業者に依頼する

中古物件を購入してリノベーションをするためには、『物件選び』『資金計画』『物件の購入』『設計』『工事』などやることがたくさんあります。これら全ての過程をひとつの会社がサポートするサービスのことを『ワンストップ』といい、求めるライフスタイルをゼロからスムーズに形にすることができます。
リノベーションを進めるにあたって、わからないことはたくさんあります。その疑問に誠実に答えてくれるワンストップ業者を選ぶことで、理想の暮らしを手に入れることができるのです。

 

alt="リノベーションの間取りポイント"

▶︎ここまで変わる!リフォームビフォーアフター事例集

 

 

 

中古マンションのリノベーションを始めるなら…

フルリノベマンション購入を失敗しないポイント

マンションの購入やリノベーションは、理想の住まいで新生活を始めるための手段です。その手段を後悔しないためにも、マンション購入時のポイントをおさえて、満足のいく物件を購入できるように計画を立てていきましょう。

 

リフォームを始める時、施工会社を探して、資金計画を立てて…と全て自分たちでやろうとすると、とても大変です。そんな時に頼りになるのが、リフォーム会社と二人三脚で計画を立てていく『ワンストップリノベ』です。お客様の状態に合わせて、相談から完成まで一貫したサポートを受けながらリフォーム計画を立てていくことができるため安心です。
『そろそろうちもお風呂をリフォームしようかな…。』そんな思いが湧き上がってきたら、ライズクリエーションにぜひご相談ください。希望の暮らしを手に入れられるよう、しっかりとサポートさせていただきます。

 

お問い合わせ

 

監修者情報

ライズクリエーション編集部

株式会社ライズクリエーション ライズクリエーション編集部

株式会社ライズクリエーションは、「お客様とともに住まいづくりをする」という想いから、お客様に様々なご提案をさせていただき、住空間を楽しんでいただけるようなお手伝いをいたします。
年々変化する「ライフスタイル」「技術革新」「デザイン」「社会環境」4つの点を心がけて、皆様に満足していただけるようサポートをさせていただきます。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram