【マンション】お風呂リフォームの費用相場は?よくある失敗と改善ポイント

alt=”マンションのお風呂リフォーム”

カビが生えやすく、劣化も進みやすいお風呂。落ちない汚れや劣化に頭を抱えているのなら、それはリフォームのタイミングです。しかし気になるのはやはり、『どのくらい費用がかかる?』『もしかして高い?』『費用をおさえる方法はある?』といった費用に関する疑問ですよね。
そこで今回は、マンションのお風呂リフォームを始める前に知っておきたい費用相場と合わせて、リフォームのよくある失敗と改善ポイントをまとめました。これからのリフォーム計画に、ぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・お風呂のリフォームは50〜150万円が相場ですが、お風呂のサイズを変更する、お風呂の場所を移動する、といった場合は70〜250万円を想定しておきましょう。
・優先順位を決めた上でリフォーム計画を立てていくことで、納得のいくお風呂リフォームを進めていくことができます。毎日のお風呂時間が快適なものになるような、素敵なリフォームを形にしていきましょう。


 

 

 

お風呂リフォームの費用相場

alt=”マンションのお風呂リフォーム”

お風呂のリフォームは50〜150万円が相場ですが、お風呂のサイズを変更する、お風呂の場所を移動する、といった場合は70〜250万円が相場です。

 

工法別費用相場

お風呂は大きく『ユニットバス』と『在来工法』の2種類に分けられます。

ユニットバス


床や壁、天井、浴槽が全て一体化したお風呂のこと。工場で全て製造し、現場で組み立てるつくりになっています。

在来工法


モルタルやタイルを組み合わせ、お風呂のサイズに合わせて自由につくることができる昔ながらのお風呂のこと。デザインにこだわる方に好まれる工法です。

どちらの工法を選ぶのかによって、費用は変わってきます。

・ユニットバスからユニットバス 約50〜150万円
・在来工法からユニットバス 約60〜150万円

規格品であるユニットバスを使用しているマンションの方が多く建てられていますが、中には在来工法でこだわってデザインされたものもあります。どちらの工法を選ぶと良いのか、事前に管理規約を確認した上でリフォーム計画を進めていきましょう。

 

オプションの費用相場

お風呂をさらに快適にしてくれるオプションにも、様々なものがあります。

浴室暖房乾燥機の設置… 約3〜15万円
洗濯物干しバーを設置… 約1〜3万円
シャワーのスライドバー設置… 約5,000〜2万円
浴室テレビの設置… 約6〜30万円
ミストサウナの設置… 約12〜25万円

浴室テレビやミストサウナなどは高額になりますが、その分毎日のお風呂時間をかなり快適なものにすることができます。納得のいくオプションを選ぶためにも、湯船に浸かる時間やお風呂でどんな時間を過ごしたいのかを考えて選ぶと良いでしょう。

▶︎【マンション】お風呂リフォームのタイミング|後悔しない3つのポイント

 

 

 

お風呂リフォームのよくある失敗5選

alt=”マンションのお風呂リフォーム”

できれば失敗したくないリフォーム。失敗例としてよく挙げられる内容をチェックして、事前に対策を講じておくことが大切です。

 

失敗① 想定していたよりもお風呂が狭かった

『ちょっと広い浴槽を選んだはずなのに、いざ浸かってみると狭い』『もう少し足を伸ばせるサイズを選べばよかった』などサイズに関する失敗はよくある話です。
浴室の広さを変えることなく浴槽のサイズを変更する場合は、どのくらいの広さになるのか図面に起こすといったシミュレーションをして、サイズ感を確認しておきましょう。

 

失敗② 使わない設備のメンテナンスが大変

あると便利だと思っていた設備も、いざリフォームを終えてみるとあまり使わない…。そんな使わない設備のメンテナンスをし続けるのは、かなりストレスになります。本当に必要なのか、定期的にメンテナンスできるのか、事前によく話し合っておきましょう。

 

失敗③ 想像していた色やデザインと違った

カタログでみた色やデザインとちょっと違う…となると一気に気分も下がります。広いお風呂に使用する色をカタログやサンプルで見る場合、実際の色よりも明るく色鮮やかに見えるという視覚効果が生じます。カタログやサンプルよりも明るくなると想定した上で、色を選ぶようにしましょう。

 

失敗④ 依頼できるリフォーム業者が決まっていた

マンションの場合、リフォームを依頼できる業者が決まっていることがあります。見積もりや支払いなどを進めた後で、依頼できない業者だった…ということのないよう、あらかじめマンションの管理規約を確認しておきましょう。

 

失敗⑤ 予算オーバー

リフォーム計画を立てていると、ついついジェットバス付きの浴槽にしよう、ミストサウナも付けたい、とオプションを追加してしまい予算オーバーに…。財布の紐が緩みやすくなるからこそ、しっかりと予算内で収まるよう、計画的に打ち合わせを進めていきましょう。

▶︎ここまで変わる!リフォームビフォーアフター事例集

alt="リノベーションの間取りポイント"

 

 

 

 

お風呂のリフォーム前にやるべきこと

alt=”マンションのお風呂リフォーム”

お風呂リフォームを後悔しないためにも、次のポイントをおさえながら、リフォーム計画を立てていきましょう。

 

ショールームで事前に確認する

ホームページやカタログで目にするお風呂と、実際に目にするお風呂では印象が全く異なります。デザインやサイズの違和感、思っていたのと違う後悔をなくすためにも、可能な限りショールームに足を運びサイズやデザインを確認してみましょう。
また、ショールームに足を運ぶことで、選ぶポイントやおすすめのメーカー、設備などをプロに詳しく聞くこともできます。足を運ぶからこそ得られる情報をもとに、理想のお風呂にリフォームすることができます。

 

設置する機能の確認をする

『必要なかった…』と後悔しないよう、検討している機能は本当に必要なのか、事前に確認するようにしましょう。せっかくだから、と浴室テレビやミストサウナを購入してしまう前に、本当に必要かどうかを考える時間を設けることで、本当に必要な機能を選ぶことができます。
どうしても迷ってしまうという時は、お風呂でどんな時間を過ごしたいのかを考えて、その時間を実現するために必要なものは何なのかを書き出すのがおすすめです。実際に書き出すことで頭の中が整理されますし、家族間の話し合いもスムーズに進めることができます。

 

予算とのすり合わせをしておく

お風呂全体のリフォームだけでなく、洗面所などもまとめてリフォームするとなるとかなり費用がかかってしまいます。うっかり予算オーバーしてしまった…ということのないように、事前に決めた予算としっかりすり合わせながらリフォーム計画を進めていきましょう。

▶︎中古マンションのおしゃれなリノベーション実例|個性あふれるデザインのコツ

alt="リノベーションの間取りポイント"

 

 

お風呂のリフォームを始めるなら…

alt=”マンションのお風呂リフォーム”

優先順位を決めた上でリフォーム計画を立てていくことで、納得のいくお風呂リフォームを進めていくことができます。毎日のお風呂時間が快適なものになるような、素敵なリフォームを形にしていきましょう。

リフォームを始める時、施工会社を探して、資金計画を立てて…と全て自分たちでやろうとすると、とても大変です。そんな時に頼りになるのが、リフォーム会社と二人三脚で計画を立てていく『ワンストップリノベ』です。お客様の状態に合わせて、相談から完成まで一貫したサポートを受けながらリフォーム計画を立てていくことができるため安心です。
『そろそろうちもお風呂をリフォームしようかな…。』そんな思いが湧き上がってきたら、ライズクリエーションにぜひご相談ください。希望の暮らしを手に入れられるよう、しっかりとサポートさせていただきます。

 

お問い合わせ